名水の効用・効果について

名水の効用・効果について例をあげてみると、たとえば、野菜の鮮度保持力です。野菜を育てるにあたり使用する水が名水である場合、それは弱アルカリ性だったり適度なミネラル成分を含む、いわゆる水の分子集団がちいさいことで、分子の動きが安定して遅く動くことにより鮮度保持力が高められることになるようです。一方、水道水では水の分子が不安定に動きまわる状態であり、名水と水道水ではその差が出るようです。

もうひとつの例としては、名水により病気が治るなどの事例です。そのため”霊水”と呼ばれたりするものもありますが、そのような話は多く聞いてもはっきり証明、解明されたわけではなく理由がわからないのが事実です。ただ、塩素が含まれた水道水を体内に含むことを考えるとそれよりは健康的になれるような気もします。
名水の中には飲用不適なものもたくさんあります。名水だからおいしい水に間違いないと勝手な理解をせず注意も必要です。

Copyright © 2006 水・名水を求めて. All rights reserved